近況報告 開業40周年

下村産婦人科医院
下村 直也

同門会の先生方 大変ご無沙汰しております。

開業40周年とタイトルをつけ、どんな大先生かと期待を持たせて申し訳ありません。
宮崎市で下村産婦人科医院を継承しております

下村 直也です。平成14年(2002年)に入局し、
平成22年(2010年)3月に退局しました。
久留米大学産婦人科医局に9年間在籍し、
目立った業績もなく、医局のために何か役にたつこともなく退局したことを大変申し訳なく思っております。
同門会にも出席せず、すみません。
ここ2年は宮崎県産婦人科医会で医療対策協議会の担当になり、
岩永先生はじめ多くの同門の先生とお会いできる機会が増え嬉しく思っております。
父が昭和55年(1980年)2月に当院を開業いたしました。
場所は宮崎駅の東側の青葉町にあります。
宮崎市郡医師会病院も近くにあります。(今年8月に移転予定ですが)
同門の先生の中でも勤務された先生もいらっしゃると思います。大変お世話になりました。
父は平成25年(2013年)4月に急逝しました。
3月までは一緒に帝王切開をしており、体力低下はあったものの、
すぐに亡くなるとは思いませんでした。
父が33年間分娩施設を維持した偉大な業績に加え、
父の体調不良時は兄が久留米から駆けつけ、父が亡くなってからは、
私がなんとか7年間勤務し40周年に至ります。
父の頑張りと母の内助の功の賜物だと思います。
同門の先生方にこの報告をできたことを父も大変喜んでいると思います。
私としては、あと10年は分娩施設を維持し50周年を迎えられることを目標とし頑張りたいと思います。
これからも地域医療に尽力を尽くします。
10年後にまた報告いたします。
今後ともご指導、ご鞭撻の程よろしくお願いします。

写真に関しては向かって右が私で、
左が築上町が生んだ爆笑王の宮部先生です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020-04-22
Copyright (C) 2013 KURUME UNIVERSITY DEPARTMENT OF OBGY All Rights Reserved.