河田 高伸 (2014年5月20日更新)

「よろしくお願いします」takanobu_kawata

河田産婦人科
河田 高伸(平成11年入局)

嘉村主任教授のお許しをいただき、平成26年3月末で久留米大学産科婦人科学教室を退局させていただきました。同時に両親が梅満町で開業していた河田泌尿器科産婦人科医院を継承し、河田産婦人科としてリニューアルさせていただきました。金沢医科大学卒業後に地元の久留米に戻り、久留米大学産科婦人科学教室に入局しました。母、祖母、叔父の3人が産婦人科医であったためか、父が泌尿器科でしたが産婦人科に入局しました。2年目からは熊本市民病院に出張し、以後国立病院機構佐賀病院、久留米大学産科病棟で勤務しました。その間に実家の医院は分娩の取り扱いをやめ、外来だけになりました。長男と次男は分娩取扱いをやめた医院で自宅分娩のように生まれました。幸い機械だけはありましたのでなんとかなりましたが、家内は出産直後から一人で子供をみなければいけない状況で大変だったと思います・・・。(因みに三男だけ大学で分娩しました)

2月から新医院で外来診療を開始し、4月より分娩取扱いを開始しました。まだ不安ばかりですが自分のペースで頑張っていこうと思います。これからもよろしくお願いします。

2014-05-20
Copyright (C) 2013 KURUME UNIVERSITY DEPARTMENT OF OBGY All Rights Reserved.